髪のボリュームアップに挑み中!〜美意識と健康vol.11〜

髪の長い女性

こんにちは!
colanの管理栄養士で
食事カウンセリングをしている上坂マチコです。

最近、髪のボリュームが気になり始めて現在ボリュームアップに挑戦中。

もともと髪が細くてやわらかい毛質。
年齢とともにコシがなくなり、毛量も減ってきている気がして大慌てしていました。
長年お世話になっている美容師さんに相談しても「気のせいだよ」のひと言。

こうなったらセルフケアでボリュームアップしようといろいろ実践していたら、
最近少しずつボリュームアップしているのが分かってきました。
これはイケるかも!!

さてその気になる方法とは…。

目次

体の中から健康な頭皮と髪を育む

まずは自分の専門分野、食事から。

健康な髪の毛に必要な栄養素として「ビオチン」は欠かせません。

ビオチンはビタミンB群の一種。
健康な皮膚と髪の毛を維持する働きがあります。
皮膚にも作用するということは頭皮にも関係するということ。

ビオチンが多く含まれている食品は卵黄や大豆製品など。

ただし生の卵白にはビオチンと結合して吸収を阻害する「アビジン」が
含まれています。
生の卵白を長期に渡り大量摂取し続けると
ビオチンが欠乏し脱毛や皮膚炎の症状が現れるという報告があるくらい。

TKG(卵かけご飯)を食べている人は頻度を減らすといいでしょう。
また納豆に全卵を混ぜて食べている人もいると思いますが、
せっかく納豆と卵黄にビオチンが多く含まれているのに
卵白が邪魔をしてしまいます。
納豆に加える時は卵黄だけにするといいですね。

このビオチンとアビジンの結合は熱を加えると弱まると言われています。
ただ私は安全圏を狙って最初から卵黄と卵白を混ぜないように
目玉焼きやゆで卵にしてビオチンを摂取。
毎朝サラダに目玉焼きかゆで卵をのせて食べています。

髪の毛の構成成分になる「たんぱく質」は必要不可欠。
発毛を促進する「亜鉛」も大豆製品や肉や魚類、純ココアなどで補っています。

シャンプー前のブラッシングはマスト

シャンプー前のブラッシングは1丁目の1番地。
頭皮と髪の毛の汚れが落ちやすくなり、シャンプーの泡立ちも良くなります。

今は頭皮マッサージにも使える少し高級なブラシを
メルカリで入手したのでそちらでブラッシングしてからお風呂に入っています。

とにかく頭皮ケアを念入りに行うこと
今回のメイン的作戦。

シャンプー選びは念入りに

シャンプーは毎晩お風呂の時に行っています。

これまでさまざまなシャンプーを使ってきましたが、
今は1本でシャンプーとコンディショナーを済ますことができる
ミニマルなシャンプーを好んで使っています。


昨年より気に入ってリピ買いしているシャンプーがこちら↓

haru kurokamiスカルプ

このシャンプーは頭皮もケアでき、髪にハリとコシを与え、
なおかつ泡立ちもいいのがお気に入りポイント。
肌や髪に使うものはできるだけナチュラルなものを使っていますが、
このシャンプーは天然由来の成分なところも安心です。

これを使い始めてから美容師さんに髪の状態を褒めらるようになりました。
やったー!!

シャンプー選びは本当に大事ですよね。

あとシャンプーが入っている容器も私にとってはセレクトする時の重要点。
こちらはシンプルな容器なのでお風呂場に置いていてもセンス良しです!
(なにぶんインテリア好きなもので…。インテリアについてはインスタで発信中)

シャンプー後の頭皮ケア

お風呂から上がってまず行うのは顔に化粧水をつけることと頭皮ケア。

頭皮用のエッセンスを地肌につけて、
例の頭皮マッサージができるブラシで頭皮を軽く刺激します。

全体にマッサージが済んだら
アウトバスを髪に塗ってドライヤーで完全に乾かします。
頭皮を乾かしながら、毛流れに沿って頭の上から下に向けて風を当てて乾かすことが大切。
最後はドライヤーの熱を冷風にしキューティクルを引き締めます。

半乾きで寝ると菌が繁殖しやすいので要注意。

寝る時は髪の毛の摩擦に注意すべし!

寝る時は髪の摩擦を抑えるように気をつけています。

枕はシルクのカバーを使って摩擦予防。
最近はリーズナブルなシルクカバーがあるので便利です。

さらにロングヘアの私は寝る時におさげ状態に2つに結んで
摩擦を防いでいます。

髪も肌も摩擦は禁物ですから。

経過報告

毎日のお手入れもあってボリュームがアップしたのを実感しています。

抜け毛がかなり減って、髪にコシが出てきました。
やはり肌同様に頭皮や髪の毛のケアをやるかやらないかでは大きく違ってきますね。

頭皮は頭の皮膚の2/3以上を占めます。
頭皮を整えることは顔の肌も良好になるということ

まとめると

食べ物に気をつけながら…


①シャンプー前のブランシング
②頭皮ケアができるシャンプーで髪と頭皮を洗う
③頭皮マッサージ
④即ドライヤーをかけ完全に乾かす
⑤寝る時は摩擦予防(シルクカバーの枕、髪を結ぶなど)


そしてしっかり睡眠💤

今後も頭皮と髪は体の中からと外からのケアで頑張っていきます!

colanでダイエット相談をしたお客様には艶髪になったという方も何人もいらっしゃいます。
実は私、美容オタクなので付録として美容相談を行うこともあります。

colanにダイエット相談をしてみませんか? ご相談の方は下のボタンを押していただけたら幸いです。
(無料20分お試しからあります)


目次